ハローワークの職業訓練ガイド

求職者支援訓練の概要


会社勤めをしておられる方の中で、全く不満を感じていないと言い切れる方がどれくらい居られるでしょうか。
恐らく多かれ少なかれ何らかの不満を抱えながらも家族のためにとなんとか頑張っておられる方が大半ではないでしょうか。

また会社に入ってからもっと学生の時に勉強しとけばよかったとか
何か資格をとっておけばよかったとかいう声はよく耳にすることです。
いずれにせよ結局仕事を楽しくやるには自分の知識や技能をできるだけ高めることだということです。

このような時おすすめしたいのが、ハローワークに設けられた職業訓練と言う制度を利用することです。
ハローワークの仕事には、求職者に対する様々な企業情報の開示、就職相談と求職の申し込み、技能向上のための職業訓練、各種雇用保険の給付などさまざまなもの
があります。

ここではハローワークで実施されているいろいろな職業訓練のうち、

雇用保険の給付が受けられない方を対象とした求職者支援訓練の概要について説明いたします。


求職者支援訓練の対象者は、雇用保険の受給が終了した人、
受給資格要件を満たさないなどの理由で雇用保険が適用されなかった人、
学卒未就職者、自営廃業者などの雇用保険のない方です。

訓練内容は基礎コース(基礎的能力を習得するための訓練)と実践コース(基礎的能力から実践的能力までを一括して習得するための訓練)があります。

訓練期間は3~6か月の間で設定され、訓練の費用は無料です。

また訓練に支障をきたさないための経済的援助として、定期的にハローワークに来所し、
職業相談を受けることを前提に下記のような条件の方に対して月額10万円+交通費が支給されます。


a.個人の収入が8万円以下であること
b.全世帯(注)合わせた収入が25万円以下であること
c.世帯で所有するすべての金融資産が300万円以下であること
d.今の居住地以外に土地、建物がないこと
e.予定される実施日はすべて受講(やむを得ない場合は8割以上)すること
f.世帯で同時にこの給付金を受給している人がいないこと
g. 過去3年以内に給付金の不正受給がないこと
(注)ここで所帯とは同居または生計を一にする別居の配偶者、子及び父母


離職者訓練と違って、雇用保険の受給対象でない方が対象になりますので
間違えないようにしてください。